Category: 山スキー

2022/5/7 昼闇山

By , 2022年5月26日 1:38 PM

・天候:晴れ
・ルート:アケビ平〜昼闇谷〜北尾根〜1600mの肩〜ピストン
・メンバー:KK(リーダー&撮影&記録)、CK



大型連休の終盤に昼闇山ワンデーに行ってきました。

焼山温泉先の林道は奥の橋まで入れて1時間は短縮。
橋からはずっと雪がついていました。
杉が植林されているアケビ平を過ぎると赤布がありそこから昼闇谷へ。

昼闇谷をしばらく進むと地形図上で水線が消えるあたりから左岸の尾根に取りつきます。
この辺りから昼闇山の大カールがその全貌を見せてきました。
カール内はクラックが多く滑走はちょっと難しいかも??

傾斜はどんどんキツくなりCKはツボに切り替えます。
大事には至らないものの、滑ったら雪面を数百メートルは滑落しそう。
私はシールとクトーでなんとか1600mの広い尾根、通称”肩”まで登りました。

肩では360度の絶景が迎えてくれました。
正面に昼闇山、金山、雨飾山。
さらに右には阿彌陀山、烏帽子岳、権現岳。
この眺め、辛い登りも吹き飛びます。

昼闇山への稜線は雪が切れてクラックが多く登頂は無理そう。
ここから滑降することに。

ほぼ登ってきたルートを滑りましたがこれがなかなか滑りごたえがあって楽しい。
40度近い斜面は適度なザラメでテンポ良く小回りで滑っていきます。
カールの中央下部まで降りて見上げると眼前には見事な大カール。
次はカールの真ん中を滑りたい。
その後は昼闇谷源頭を軽快に滑ってアケビ平へ。

カールの滑降は叶いませんでしたが、カールの端の急斜面を十分楽しむことができました。

20220507-R3101340
昼闇谷をいく。谷の先に昼闇山がのぞく
20220507-R3101344
昼闇谷をいく
20220507-R3101350
尾根のとりつき地点
20220507-R3101351
昼闇山がのぞく
20220507-R3101359
権現と烏帽子
20220507-R3101366
カールが見えてきた
20220507-R3101372
カールの全貌が
20220507-R3101377
急斜面からのぞく阿彌陀山
20220507-R3101381
見事なカール
20220507-R3101404
最後の胸突き八丁
20220507-R3101397
1600m肩からの眺め 昼闇山
20220507-R3101393
昼闇山と金山
20220507-R3101394
金山と雨飾山
20220507-R3101413
カールの中へ
20220507-R3101416
昼闇山の大カール
20220507-R3101322
おまけ 水鏡に映る頸城の山々 左から火打山、焼山、昼闇山
 

 

2022/4/9 焼山

By , 2022年5月19日 5:09 PM

・天候:晴れ
・ルート:笹倉温泉〜アマナ平〜北面台地〜大曲〜ピストン
・メンバー:KK(リーダー&撮影&記録)、CK

快晴の青空のもと、頸城の大オープンバーンを目指して焼山に行ってきました。
その広大な光景は期待を裏切ることなく、圧倒的なスケールはまるで鳥海山を彷彿とさせてくれました。
この日はピストンなので行けるところまで登って広大な大地を一気に滑り降りてきました。
シャリバテ気味で2000mのはるか手前でギブアップとなりましたが、次はアマナ平にベースを張って焼山山頂直下と高松山を狙ってみたいと思います。



 

20220409-R3205738
 高松山の尾根の向こうに焼山が見えてきた
 20220409-R3205766
 アマナ平から焼山
 20220409-R3205770
 高松山の尾根取り付き点
 20220409-R3205803
 アマナ平の先の急登を越えると正面から焼山が迫ってくる
20220409-R3205809
一番手のスキーヤーが降りてきた
20220409-R3205843
焼山と火打山
20220409-R3205866
北面台地の全貌
20220409-R3205871
右には高松山。数名のスキーヤーが登っていた
20220409-R3205902
続々と降りてきた
20220409-R3205913
左前方には火打山
 20220409-R3205916
大曲付近のシュプール
20220409-R3205924
焼山をバックに続々と
20220409-R3205940
テレマーカー
20220409-R3205993
CK氏 本日のベストショット
20220409-R3206009
火打をバックに
20220409-R3206023
北面台地に滑り込むCK氏
20220409-R3206036
 絶景を振り返る
 

2022/4/2 空沢山

By , 2022年5月11日 4:57 AM

・天候:晴れ
・ルート:シャルマン火打スキー場トップ〜放山〜空沢山〜笹倉温泉
・メンバー:KK(リーダー&写真&記録)、CK

頸城山塊の展望台・空沢山へシャルマン火打スキー場から向かいました。
そこでは百名山の火打山や活火山の焼山、高松山、昼闇山・・・、頸城の名峰の大パノラマが待っていました。
圧倒的眺望の縦走スキーが楽しめました。

20220402-R3100102-3
 火打山と焼山の絶景
 20220402-R3109838-3
放山山頂から
 20220402-R3100040-2
  焼山
 20220402-R3109942-2
 空沢山手前の広い尾根から容雅山
 20220402-R3109954-2
権現岳と日本海の地平線
20220402-R3100082-2
 空沢山からの絶景
 

2022/2/26 北アルプス 八方尾根から押出沢

By , 2022年5月10日 4:22 PM

・天候:晴れ
・ルート:八方尾根スキー場トップ〜第2ケルン〜押出沢
・メンバー:HM(リーダー)、SM、CK、KK(写真&記録)

雲ひとつない冬晴れのもと、八方尾根スキー場リフトを利用して北アルプスの沢を滑走しました。
雪は締まり雪崩リスクも少なく、豪快なアルパイン滑降となりました。

20220226-DSCF4348
二股からのモルゲンロート
20220226-DSCF4353
八方池山荘から登高開始
20220226-DSCF4361
白馬三山をバックに
20220226-DSCF4366
白銀の白馬三山
20220226-DSCF4368
さすが人気のルート
20220226-DSCF4376
地吹雪の向こうに鹿島槍と五竜
20220226-DSCF4386
絶景の登高
20220226-DSCF4409
白馬三山とHMさん
20220226-DSCF4426
押出沢源頭
20220226-DSCF4438
押出沢から白馬三山
20220226-DSCF4442
さすがは北アルプス地形
20220226-DSCF4443
SMさんスタート
20220226-DSCF4453
CKさん
20220226-DSCF4461
押出沢を見上げる
20220226-DSCF4477
南股入の渡渉

2022/2/13 鍋倉山

By , 2022年3月6日 12:43 PM

・天候:曇り
・ルート:温井〜久々野峠〜黒倉山〜<滑降>〜鍋倉山〜<北面滑降>〜温井
・メンバー:TM、HM、MK、CK、KK(写真&記録)

厳冬期の鍋倉山へ。
今年の北信地域は大雪で鍋倉山麓の藪は完全に埋まりました。
連休最終日でトラックがうるさいと思われましたが、ノートラック斜面を探しながらのパウダーランが楽しめました。


美しいブナの斜面を登ります
 20220213-DSCF3709-2
 20220213-DSCF3722-2
 20220213-DSCF3723-2
 

山はガスに覆われ、幻想的なブナの森がわれわれを迎えてくれました。
ブナの美しいたたずまい
20220213-DSCF3728-2
20220213-DSCF3748-2
 
美しいブナの森が続きます
20220213-DSCF3743-2
20220213-DSCF3758-2
 

山麓はガスっていましたが、山頂に着く頃には雲が抜けてくれました。
すると雲海の先に妙高と火打が浮かんできました。
鍋倉山頂より
20220213-DSCF3770-2
 

 

2020-3-22 袴岳

By , 2020年3月28日 11:16 PM

信越国境の袴岳にスキートレッキングに行ってきました。

袴岳は斑尾山の隣にあって、信越トレイルのセクション1の途中にあります。

美しいブナ林に包まれた穏やかな山です。

この日は雨予報でしたが、森の撮影にはgood。

ガスに包まれたブナの森は、狙い通り幻想の世界へ導いてくれました。

 20200322-hakamadake001
 20200322--hakamadake002
20200322--hakamadake003

巻機山 2020/3/15

By , 2020年3月20日 4:01 PM

暖冬で今年の山スキーはアプローチで藪に悩まされており、湯沢周辺のスキー場は営業終了となった情報もあって、巻機山計画は雪がない山を想像して諦めムードで山に向かった。清水集落からシールで行くことができたのはよかったが尾根に取りつくと藪で思うラインで登れず、井戸の壁は雪が少ない分斜度があり、藪の埋まりが甘いので時間がかかってしまった。尾根上に出ると雪は問題なくある。空は晴れて、風もなく山スキー日和であったが井戸の壁に手こずったのかおじさんたちは疲れ気味。いい時間になっていたのでニセ巻きの取り付きで今年は終了。来年、山頂を目指そう。

霧氷がついて山がきれい。

霧氷がついて山がきれい。



やはり、ヤブヤブでした。

やはり、ヤブヤブでした。



山の上は例年通りかな。

山の上は例年通りかな。



今年はここまで

今年はここまで



上は楽しく滑りました。

上は楽しく滑りました。



帰りの井戸の壁はすぐに雪崩れます。

帰りの井戸の壁はすぐに雪崩れます。

2/8-2/11 吹上温泉ベースの山スキー

By , 2020年2月22日 9:56 AM

北海道十勝岳連邦のふもとに吹上温泉白銀壮がある。白銀壮をベースにしての3泊4日の山スキーが今回の計画だ。初日は旭岳ロープーウエイで足慣らしをしてから吹上温泉に行き、富良野岳、前十勝岳、三段山と4日間滑ることができた。暖冬の今年は積雪が少ないと聞いていだが、春のような雪で滑ることが多かったなか、パウダーを滑る機会を得ることができて、北海道まで来てよかった。山行中は天気に恵まれていたが富良野岳では寒波で-20℃の中で行動は厳しい寒さのため半日で切り上げることもあったがよい雪、よい斜面、よい温泉と充実した山行であった。
P2110067

P2110072

P2110084

P2110086

P2100039

P2100062

P2090002

P2090009

P2090025

2020-2-19 鍋倉山 山スキー

By , 2020年2月20日 8:48 AM

今シーズン最期のパウダーかな?



 

20200219-R3106028
20200219-R3106066
20200219-R3106127
20200219-R3106138
20200219-R3106150
20200219-R3106157
20200219-R3106038
20200219-R3106162
20200219-R3106169
20200219-R3106184

2020-2-2 鍋倉山 山スキー

By , 2020年2月4日 12:48 AM

前日の野沢に続いてきょうは鍋倉山。
降雪後の晴れとあって多くのスキーヤーが集結していました。
(神○川ナンバーの見覚えあるクルマもありました)

好天のもと、さっそく出発。

いつもの細尾根は取り付きが厳しそう。
今日は沢ルートをただることに。

20200202-R3104482
先行パーティが尾根に取り付いていました。

沢ルートはブナ林の絶景が続きます。
しばしご堪能ください。
20200202-R3104530
20200202-R3104559
20200202-R3104575
20200202-R3104588
20200202-R3104591
20200202-R3104600
20200202-R3104625
 

美味しそうな斜面を横目にしばらく登ると黒倉山とのコルに出ます。
20200202-R3104614
20200202-R3104631
青空ものぞき絶景が広がります。

 

山頂にはたくさんのスキーヤーが。
われわれは総勢10名で記念撮影。
20200202-R3104653
 

さあ、楽しい下りの始まり〜。
登ってきた北斜面をいくしかないでしょう。
動画でご覧ください♪



 

途中のブナ斜面で滑走撮影。
20200202-R3104658
20200202-R3104667
20200202-R3104688
20200202-R3104702
20200202-R3104708
いや〜楽しすぎます。

 

さらに美味しい斜面は続きます。
20200202-R3104713
20200202-R3104728
20200202-R3104732
逆光で写真的には絶好のシチュエーション。

 

まだまだ続きます。
20200202-R3104752
20200202-R3104773
20200202-R3104789
20200202-R3104792
20200202-R3104806
20200202-R3104813
20200202-R3104830
 

いや〜なべくら・・・外しません。