Category: 山スキー

2020-3-22 袴岳

By , 2020年3月28日 11:16 PM

信越国境の袴岳にスキートレッキングに行ってきました。

袴岳は斑尾山の隣にあって、信越トレイルのセクション1の途中にあります。

美しいブナ林に包まれた穏やかな山です。

この日は雨予報でしたが、森の撮影にはgood。

ガスに包まれたブナの森は、狙い通り幻想の世界へ導いてくれました。

 20200322-hakamadake001
 20200322--hakamadake002
20200322--hakamadake003

巻機山 2020/3/15

By , 2020年3月20日 4:01 PM

暖冬で今年の山スキーはアプローチで藪に悩まされており、湯沢周辺のスキー場は営業終了となった情報もあって、巻機山計画は雪がない山を想像して諦めムードで山に向かった。清水集落からシールで行くことができたのはよかったが尾根に取りつくと藪で思うラインで登れず、井戸の壁は雪が少ない分斜度があり、藪の埋まりが甘いので時間がかかってしまった。尾根上に出ると雪は問題なくある。空は晴れて、風もなく山スキー日和であったが井戸の壁に手こずったのかおじさんたちは疲れ気味。いい時間になっていたのでニセ巻きの取り付きで今年は終了。来年、山頂を目指そう。

霧氷がついて山がきれい。

霧氷がついて山がきれい。



やはり、ヤブヤブでした。

やはり、ヤブヤブでした。



山の上は例年通りかな。

山の上は例年通りかな。



今年はここまで

今年はここまで



上は楽しく滑りました。

上は楽しく滑りました。



帰りの井戸の壁はすぐに雪崩れます。

帰りの井戸の壁はすぐに雪崩れます。

2/8-2/11 吹上温泉ベースの山スキー

By , 2020年2月22日 9:56 AM

北海道十勝岳連邦のふもとに吹上温泉白銀壮がある。白銀壮をベースにしての3泊4日の山スキーが今回の計画だ。初日は旭岳ロープーウエイで足慣らしをしてから吹上温泉に行き、富良野岳、前十勝岳、三段山と4日間滑ることができた。暖冬の今年は積雪が少ないと聞いていだが、春のような雪で滑ることが多かったなか、パウダーを滑る機会を得ることができて、北海道まで来てよかった。山行中は天気に恵まれていたが富良野岳では寒波で-20℃の中で行動は厳しい寒さのため半日で切り上げることもあったがよい雪、よい斜面、よい温泉と充実した山行であった。
P2110067

P2110072

P2110084

P2110086

P2100039

P2100062

P2090002

P2090009

P2090025

2020-2-19 鍋倉山 山スキー

By , 2020年2月20日 8:48 AM

今シーズン最期のパウダーかな?



 

20200219-R3106028
20200219-R3106066
20200219-R3106127
20200219-R3106138
20200219-R3106150
20200219-R3106157
20200219-R3106038
20200219-R3106162
20200219-R3106169
20200219-R3106184

2020-2-2 鍋倉山 山スキー

By , 2020年2月4日 12:48 AM

前日の野沢に続いてきょうは鍋倉山。
降雪後の晴れとあって多くのスキーヤーが集結していました。
(神○川ナンバーの見覚えあるクルマもありました)

好天のもと、さっそく出発。

いつもの細尾根は取り付きが厳しそう。
今日は沢ルートをただることに。

20200202-R3104482
先行パーティが尾根に取り付いていました。

沢ルートはブナ林の絶景が続きます。
しばしご堪能ください。
20200202-R3104530
20200202-R3104559
20200202-R3104575
20200202-R3104588
20200202-R3104591
20200202-R3104600
20200202-R3104625
 

美味しそうな斜面を横目にしばらく登ると黒倉山とのコルに出ます。
20200202-R3104614
20200202-R3104631
青空ものぞき絶景が広がります。

 

山頂にはたくさんのスキーヤーが。
われわれは総勢10名で記念撮影。
20200202-R3104653
 

さあ、楽しい下りの始まり〜。
登ってきた北斜面をいくしかないでしょう。
動画でご覧ください♪



 

途中のブナ斜面で滑走撮影。
20200202-R3104658
20200202-R3104667
20200202-R3104688
20200202-R3104702
20200202-R3104708
いや〜楽しすぎます。

 

さらに美味しい斜面は続きます。
20200202-R3104713
20200202-R3104728
20200202-R3104732
逆光で写真的には絶好のシチュエーション。

 

まだまだ続きます。
20200202-R3104752
20200202-R3104773
20200202-R3104789
20200202-R3104792
20200202-R3104806
20200202-R3104813
20200202-R3104830
 

いや〜なべくら・・・外しません。

2020-2-1 野沢温泉スキー場〜青木山

By , 2020年2月3日 3:00 PM

北信州も降っては解け、降っては解けの繰り返しでなかなか雪がつきません。
昨日からまとまった雪が降ったので期待して向かった野沢温泉スキー場。

毛無山の裏は結構なラッセルで期待が膨らみます。

20200201-R3104166
20200201-R3104189
冬化粧のブナ。美しいです。

 
20200201-R3104172
青木のコル。ヤブが目立ちます。

 
20200201-R3104192
20200201-R3104208
20200201-R3104214
20200201-R3104222
期待を胸に青木山へ。

結果は・・・ ↓    動画 ↓



 

諦めがつかないツワモノ女子の賛成大多数でコルへ登り返しました。
20200201-R3104337
 

おじさま達はコルでギブアップ。

女子達はノートラック斜面を見つけて登って行きました。
20200201-R3104354
20200201-R3104361
20200201-R3104372
20200201-R3104385
20200201-R3104395
20200201-R3104403
20200201-R3104415
みんなパウダー満喫♪♪

 
20200201-R3104444
20200201-R3104447
コルから沢を滑降。楽しい〜〜〜。

2020/1/26 意外と良かった鍋倉山

By , 2020年1月30日 9:30 PM

昨日の藪漕ぎ山スキーの経験から鍋倉山も似たようなものと気乗りしなかったがまた、香港からのゲストの強い希望で行くことになった。地元の友人が尾根に取りつくまでは藪がうるさいが、滑る斜面があるから案内すると言ってくれたので希望をもって出かけてきた。
温井集落から主尾根の上がるまでは藪をよけ、クトーがよく効くような固い斜面、雪不足の細尾根と雪解け時期を思わせるような状況だった。主尾根をに取り付くとブナ林が広がり藪が無くなり歩き易くなり、1時間ほどで山頂に着いた。ピークがはっきりしない広場のような山頂からは妙高の山、上越の山、日本海と展望がいい。
登ってきた主尾根を滑り降りる。雨や温かいひがあったので固い面に雪が乗っている3月のような雪の状態だ。積雪が少ない分、滑るラインは限られるが昨日の藪漕ぎ山スキーと比べたら雲泥の差で楽しい。巨木の森に向かい、ブナの巨木「森太郎」を見に行く。離れたところから見たので巨木感を感じられず残念。雪の無い時期に来て大きさを実感しよう。下がるにつれ樹間が狭くなってきた。木がうるさい斜面に入り回り込むと開けた斜面が現れた。斜面は程良い斜度が広がり最後の滑りを楽しむには十分であった。いや~意外とよかった鍋倉山でした。

沢は埋まってなく春の雪解けのよう。

沢は埋まってなく春の雪解けのよう。



 

木をよけながら細尾根を上る

木をよけながら細尾根を上る



妙高の山々

妙高の山々



気分は春スキー

気分は春スキー



最後の斜面はのびのびと滑ったよ

最後の斜面はのびのびと滑ったよ

2020/1/25 藪に泣いた野沢のスキー

By , 2020年1月29日 9:03 PM

2020年は1月になっても何処も雪不足。黒姫山の山行計画はパウダーが期待できないと判断から中止となり、代替え案として野沢温泉ベースのスキー計画となった。毎年、楽しんでいる山は藪で滑ることができないからゲレンデを楽しむ計画でいた。香港からスキーのために来た者がどうしても山に入りたいと言うので山に入ることになった。リフトを降りて山に入る。滑るラインはほとんどなく中、鞍部まで行く。この先も似たようなもので滑れないだろうと思っていると尾根の先まで行きたいと香港さんが言うので先に進む。思った通り目的の斜面は藪がまだ濃い。斜面に入るとターンするスペースはほとんど無く、藪に絡まないようにズルズルと降りるだけの山スキーであった。

藪の斜面

藪の斜面



 

 

 

 

 

 

 

諦めて戻ります

諦めて戻ります

2020-1-26 鍋倉山・山スキー

By , 2020年1月27日 10:45 AM

春を迎える3月のような陽気の中、鍋倉山に行ってきました。

20200126-R3205899
往路、ブナの巨木・森太郎を眺めながら。

 
20200126-R3205907
山頂間近の森はブナの美林。

 
20200126-R3205944
20200126-R3205949
このツリーランは中毒になります。

 

春の陽気でしたが、山頂直下はサラサラのパウダーに覆われていました。
ここはいつ来てもハズレません。
ブナの美林のツリーランを堪能しました。



 

2020-1-19 鍋倉山・山スキー

By , 2020年1月20日 11:51 AM

記録的暖冬で下界は積雪ゼロ。

でも山にはそれなりに降ってます。

鍋倉山頂で積雪約3m。

ガッツリパウダーいただきました。