Category: 釣り

栗子山塊 摺上川烏川滑谷沢

By , 2017年8月30日 8:53 PM

滑谷沢を調べると栗子山に詰め上げる沢登りのルートと入渓点から下流に行き、滑谷沢を登り入渓点に戻るルートがあることを知った。イワナがいる沢で1泊し、釣りを楽しむ1周する計画を立てた。
今年の夏は日本中雨が降っているような天候が続いている。降水確率の低い日に合わせたが、結局降られてしまった。雨が降ったり止んだりの天候は昼近くになっても変わらないまま、天場予定地の滑谷沢出会いに着いた。台地はどこも湿って、たき火は厳しそう。これで雨が強くなったらビバーグは辛いので泊まらずに沢から出ようと決める。最悪、沢出口の天場適地で行動を終了しても良い。そう決めて滑谷沢の遡行を始める。イワナポイントがあちこちにあり、思ったところに毛鉤を入れるとイワナがしっかり釣れて面白い。滝が現れて、勢いのある瀑布を見ると釣りなんぞしていられない気持ちになる。3~6mのいくつかの滝を巻いて通過するが雨の中、ぬかるみのフリーソロの高巻きは緊張する。2時間程進むと滝は無くなり滑沢になった。地形図で確認すると沢出口にある林道の橋まで1時間程の場所に来ていることが分かりひと安心。時間は14時過ぎ、17:30には車に着くことが出来るだろう。今晩は米沢に泊まって、米沢牛だ。(2017.8.13)


滝はこんな感じや

滝はこんな感じや


こんなの

こんなの


高巻き中。6mぐらいの滝

高巻き中。6mぐらいの滝


小ぶりなイワナが多かった。

小ぶりなイワナが多かった。



 
 

沢に行くには明治時代にできた道、萬世大路を通る。当時の建造物を見てきた。

二ッ小屋トンネル。趣があるなあ

二ッ小屋トンネル。趣があるなあ


退渓場所の橋。これも古そう。

退渓場所の橋。これも古そう。

2017-7-31山梨大門川フライフィッシング

By , 2017年8月1日 5:28 PM

2017-7-31(月)週末の悪天候がよくなり、前回須玉川上流の大門川に釣りに行きました。
13時過ぎに駐車地につき、支度して一旦農道で下流に。トポに従って、ボサをかき分け、入渓。
前回で発見した視認性がよくよく浮く、エルクヘアカディスでもっぱらアップクロスキャストで釣り上がり。
堰堤がいくつも出て、渓相は申し分ないが、早瀬・落ち込み・肩・堰堤下プール共、魚が出ない・・・。
駐車地の橋、下流から上流も釣り上がったが、今日もダメでした。17:00に車に戻りました。
もっと暗くなるまで、やらないと魚は出てくれないのか?でも暗くなると危険で怖くて・・・。
ボサの藪漕ぎで、両腕、かぶれで真っ赤にしてしまいました。あーあ!
次は、どこにいこうかなー??
駐車一旦下流へ向かう入渓地点堰堤渓相

甲武信ヶ岳ピークハント①

By , 2017年7月25日 8:33 PM

甲武信ヶ岳は埼玉県、山梨県、長野県と3つの県から登ることに気づいた。第1弾として埼玉県から甲武信ヶ岳を目指すルートを計画した。入川渓谷~真ノ沢林道を使って行く、釣りと廃道歩きの旅だ。情報は2500地形図と釣りの記事で千丈ノ滝の吊り橋が無いことに情報のみで細かく調べずに出かけた。それが裏目に出て、千丈ノ滝の上に出て沢に下りてから必要以上に沢を進んでしまい時間切れ。前日泊まった柳小屋に行き返し甲武信ヶ岳ピークハント①は達成せずうーん残念。次の機会におあずけである。

第1目:入川渓流釣り場7:00~柳小屋10:00 柳小屋周辺釣り11:00~15:00
第2目:柳小屋6:30~真の沢 三段の滝まで釣り上がる。 真の沢林道入口9:15~千丈ノ滝11:00~12:30 千丈ノ滝~真の沢でルート捜し。柳小屋に戻る。
第3日目:柳小屋5:45~9:00 入川渓流釣り場。


柳小屋。なかなか快適でした。

柳小屋。なかなか快適でした。


千丈ノ滝の落ち口。 ここから道をロスト

千丈ノ滝の落ち口。
ここから道をロスト


秩父イワナの特徴は赤みが強いこと。種の保存は大切にしよう。今回はみんなリリース。

秩父イワナの特徴は赤いこと。種の保存を大切にしよう。今回はみんなリリース。

 

 

2017-7-20-山梨須玉川渓流フライフィッシング

By , 2017年7月22日 7:33 PM

2017-7-20(木)家の用事他で5月連休以来の渓流釣りに。渋谷のサンスイの塩野谷さんに推奨された、須玉川に
行きました、中央高速須玉ICを降り、141号沿いのローソンで遊漁券¥800購入、夕マズメ狙いで、午後14:00過ぎに、
須玉大橋着、橋下に駐車、そこの踏み跡をたどって、入渓。ところが、葦が茂って、ジャングル状態。ナンジャコリャーと
ブツブツ言いながら、遡上すると、開けた沢になり、ホッとして竿を出しました、すぐパラシュートにチビが食いつきましたが
外れてしまい、そのあともチビに遊ばれるばかりで、大物がきてくれません。ライズも全く見られません。ローソンで
もらった峡北漁協のパンフだと2万匹も放流してるのに??
そんなで、夕方になってもライズも見られず、堰堤下プールでもダメでがっくり。
最後にフライをエルクヘヤカディスに変えました。よく浮いて、目立って、見やすく、初めて使いましたが、いい毛鉤でした。夕方6時ころまで粘りましたが、今回も坊主です。
駐車最初の堰堤万年橋

 

笛吹川で渓流釣り 0708

By , 2017年7月11日 10:28 PM

チビアマゴばかりでした

チビアマゴばかりでした



6時頃から竿を振っていたが出る魚は10センチクラスのチビアマゴばかりでサイズの良いのが釣れない。川が渇水ぎみでサイズのある魚は水深のある居心地の良いところに移動したのかな。チビアマゴを10匹程釣り、18センチのイワナが最後にかかり、良い印象で釣りが終わってあ~よかった。

イワナが釣れてよかった

イワナが釣れてよかった



 

2017年釣り始め

By , 2017年5月28日 4:08 PM

P5200017テンカラのいい時期がやってきた。昨年に通った笛吹川上流部で2時間程竿を振ったがテンカラには不利な水量で川はドンブラコ状態で遡行もちょっとしんどい。早々、見切りをつけて支流の徳和川に移動した。徳和川は落ち込みの多いところだがすぐに堰堤に突き当たり、よろしくない。峡東漁協が放流をしているがこの環境では魚が育って行くには困難な感じの川だと思う。ここでは20センチアマゴ、15センチイワナを釣る。
午後は行き慣れた川に移動して15:00~17:30まで釣り歩いた。この川らしいサイズの10センチサイズを2匹釣る。昨年は良型が釣れたが今年はどうだろうか、またの機会の楽しみである。


20センチアマゴ

20センチアマゴ


15センチイワナ

15センチイワナ

2017-5-2-山梨鹿留川ー釣り

By , 2017年5月3日 9:49 PM

前夜、談合坂SAで野宿し、朝6:00出発、都留駅の先、東桂駅の辺りから林道に入り、
最初の堰堤を過ぎた先の路肩に駐車し、入渓した。フライフィッシングの初の
本チャン渓流釣りです。ドライフライで、釣り上がった。岩がゴロゴロした、
山岳渓流といった沢で、ウエーダー着用なので、水に入ることは平気。しかし
魚はきません。途中で、数回 フライの側まできては、逃げていってしまいます。
フライを変えてもだめ。まだ修行が足りませんでした。16:00ころ、大きな2段の
堰堤に出たところで、フライをニンフに変え、インジケーターもつけて、堰堤下で
沈ませても、来てくれず、あきらめて退渓。堰堤横に、残置ロープがあり、
心配なく、林道に上がり、駐車地へ戻りました。帰りは、道志川の偵察をしながら、
一般道で、帰宅しました。次は、西丹沢の沢に入る計画をしてます。
山岳渓流堰堤大堰堤残置ロープ

2017-4-13秩父フライフィールド

By , 2017年4月14日 11:56 AM

ヤマメ15~20cmドライ

今年に入って、フライフィッシングの入門者用セットを購入して、多摩川の河原でキャスティング練習して、
川崎王禅寺や丹沢早戸川の管理釣場でトライして、今度は実際の渓流を使った管理釣り場で、ウエーダーを着て
の釣りで、秩父浦山ダム下の秩父フライフィールドに行ってきました。なんとか15~20cmのヤマメが
ドライフライにガバッときて、満足でした。

0721 釣りはうまくいかないものです。

By , 2016年8月29日 9:38 PM

台風の影響が少ない地域に行こうと前に調べた駒ヶ根の黒川に行ってみた。駐車場所に着くと4台の車が止まっていて先行者がいることが分かる。下見で来ているからまぁしょうがないとして、釣り人が入っていないところから始める。2時間ほど釣り歩くが魚が出ず、心が折れてくる。そのうち釣り人と別れたところまで来るとこの先に進む気が無くなってしまった。駒ヶ根まで来てこの結果である。釣りは都合良くいかないものだ。
夕方、様子の分かっている川に立ち寄るが渇水して水が少ない。結局ここも釣果なし、駒ヶ根釣行の成果はソースかつ丼を食べたことぐらい。

ふらりと入った食堂のかつ丼。明日は釣るぞ

ふらりと入った食堂のかつ丼。明日は釣るぞ



 

 

 

 

 

 

 

翌日は通い慣れた山梨の川に立ち寄り3時間ほどで7匹と楽しませてもらった。シースン後半になると魚が大きくなっているのがわかる。最近は釣人が減っている感じがする。やっぱり、釣人が少ないと魚が残り大きくなれるのかな。

渓流水族館


アマゴ 15センチ

アマゴ 15センチ


アマゴ 18センチ

アマゴ 18センチ


アマゴ 21センチ

アマゴ 21センチ


イワナ 18センチ

イワナ 18センチ

月山釣り山行

By , 2016年8月22日 7:28 PM

初日:8月6日
岩魚のいる川に行くのは一苦労である。この日はAM2:00に寒河江SAに着いて仮眠し、6:00に起きて月山の姥沢に行き、月山リフトに乗り、1520mまで上がる。1984mの月山まで登り、東側の肘折温泉ルートを980mまで下り釣り場になる立谷川に13:00頃に着いた。登ったり、下ったりと5時間ほど歩いたあとだがまだ仕事が残っている。ツエルトを張りテント場の設営し,薪集めといろいろ忙しい。これらを片付けてやっと一息である。
さて、目的の釣りは夕方小1時間ほどで7匹と魚影の濃さに感激。毛鉤を打つところ必ず魚が出て竿を竿をしならせる。20センチクラスが釣りごたえがあっていい。釣り上げた岩魚のうち2匹は夕食の一品とした。おかげで岩魚の塩焼き、ミズと高野豆腐の煮物、ごはんと品数のそろった夕食となった。


清川橋

清川橋が釣りのスタート地点


岩魚釣りの始まり

岩魚釣りの始まり


夕食の準備

夕食の準備


ミズと高野豆腐の煮物を作ってみました

ミズと高野豆腐の煮物を作ってみました

2日目:8月7日
今日の行程は標高980mテント場から1350m清川行人小屋までの沢登りだ。雪渓の雪解け水が各支流から流れ込んでいるのか水量は多く、落ち込みには白波を立て流れているが注意すれば遡行には問題ないだろう。昨日、探ったポイントは狙わずに新しいポイントに毛鉤を打っていくと早々に2匹掛けキープする。下処理をして、塩,コショウ、ローズマリー、ニンニク、オリーブオイルを合わせたものに漬けてザックにしまう。今晩のおかずは手に入れたのであとはキャッチ&リリースで釣りを楽しむ。巨岩帯などで落差が大きい流れのあとでも魚がいて、どうやって巨岩を超えるのか不思議に思う。それにしても魚が多い。なかなか釣りをやめられない。1300mまで上がり詰めのルートを捜す。地図で傾斜の緩いところを捜して進むが最後は根曲がり竹の藪の中を15分ほど進み、清川行人小屋に13:00に到着して月山釣り山行は終了となった。その晩はひとりだけの小屋でウイスキーを飲みつつ山行を振り返る。明日は月山に登り、姥沢に戻るだけだ。

朝の沢

朝の沢


支流からは勢いよく水が流れ込んでいた


岸に上がり詰めに入る

岸に上がり詰めに入る


清川行人小屋

清川行人小屋


岩魚のホイル焼きと鶏肉と高野豆腐の煮物

岩魚のホイル焼きと鶏肉と高野豆腐の煮物


P8080251

まだ花のきれいなところがありました。