Category: サイクリング

水源から海までのツーリング

By , 2016年10月26日 11:04 PM

町田の周りには河川を利用sじたサイクリング道路がいくつもあり、その中には水源から河口の海まで走れるところがあります。雨の多かった9月の最後の日曜日、魚料理と牧場ジェラードを目当てにツーリングに行ってきました。 自宅~泉の森公園(水源)~引地川~相模湾~腰越漁港(魚料理)~江の島駅~堺川サイクリング道路~飯田牧場(ジェラード)~堺川サイクリング道路~自宅 (走行距離 70kmぐらい)


引地川水源からツーリングは始まる。

引地川水源からツーリングは始まる。


水源のある公園は綺麗な流れ

水源のある公園は綺麗な流れ


中流域は畑が広がる里山風景

中流域は畑が広がる里山風景


中流域

中流域


彼岸花がきれいでした。秋やなぁ~

彼岸花がきれいでした。秋やなぁ~


引地川河口。江の島は目の前

引地川河口。江の島は目の前


イトヨリダイの煮つけ定食。満足でした。

イトヨリダイの煮つけ定食。満足でした。

 

春はやっぱり桜でしょう。

By , 2016年4月10日 8:16 PM

春は桜でしょう。と言うことで町田周辺の花見ツーリング。恩田川の桜、町田尾根緑道、里山の山サイと春を感じて走って来た。いやー春は気持いいです。


恩田川の桜は毎年きれい

恩田川の桜は毎年きれい



川面に流れる桜色

川面に流れる桜色


桜のトンネルを走れる恩田川

桜のトンネルを走れる恩田川



ケヤキの新緑。いいですね

ケヤキの新緑。いいですね


町田尾根は桜の名所。桜ツーリングに最適

町田尾根は桜の名所。桜ツーリングに最適


黄色の自転車には黄色い花。日本タンポポでした。

黄色の自転車には黄色い花。日本タンポポでした。


P4100197

堺川上流部。どこに行っても桜です


P4100220

里山ライド。ちょろっと山サイして来ました。


ツーリングの最後は町田あいす工房ラッテのジェラードがお決まり。

ツーリングの最後は町田あいす工房ラッテのジェラードがお決まり。

 

山サイ 1101

By , 2015年11月1日 6:19 AM

山サイはおもしろいなぁ。苦労して峠まで上がり、山道に入りマウンティンバイクで走るのがとっても楽しい。ちょっと失敗をすると斜面から落ちる危険はあるが自分の技術で山道をこなしていくのがいいのかな。近場の武蔵五日市にある山を走ってきました。1年ぶりなので担がないで林道を峠まで走って山道に入る21kmの半日コース。1時間程の峠登り、石の多いガレた路面もそこそこクリヤしてまだ出来るじゃんと楽しく走り終えることが出来た。

IMGP5212  IMGP5203
 IMGP5211  IMGP5208
 

山サイ1018

By , 2014年10月18日 10:50 PM

色付きが始まったばかりの奥多摩方面に山サイに行って来ました。秋晴れのなかの山道下りは気持ち良かったです。ただ台風の影響か根元から倒れた木が多くあり、荒れた景観になっていたのが残念でした。
このルートは標高差1292m、35kmの行程で舗装路の登り6.6km、自転車を担いで登山道を3.8km、山頂から8.3km下り、里に降りてから16km走って車に戻るもので自転車通勤をサボっていたので不安であったが、7時間でこなすことが出来たのも、ウルスカの縦走山行のおかげかな。

IMGP4196 IMGP4195

山サイ0712

By , 2014年7月12日 9:57 PM

1年ぶりに山サイに行って来た。場所は山梨県の柳沢峠から丹波山村に抜ける山道でここは自転車で漕げるところも有りクロスカントリー的な走りを楽しめる。T山に登ってからの下りは程よい斜度で楽しく山サイのたまらないところだ。T山から先は歩く人がほとんどいなく、地図上では破線ルートである。8年ぶりに走ったが後半のトラバース道は荒れて不明瞭な所があり、道をロストしてしまい、自転車を担いで登ったり下ったりとうろうろしてしまった。山道を出て車まで林道を走りのだが落石林道を覆って走れない区間が400mほど続き、すっきり終わらなかったのが残念だった。久しぶりの山サイであったが山道のいろいろなセクションをクリアしながら走るのはたまらない。

034 039
041 038

13.08.08 山サイ

By , 2013年8月8日 9:15 PM

ここまで大汗かきました。


昨年は偵察でリジッドバイク(サスペンション無し)で下ったが今年はハードテイル(フロントサスペンションのみ)で楽しもうと白馬のI岳に行って来ました。9時にスタートし、別荘地の道、スキー場への砂利道を大汗かいて登ること1時間半、山頂に着く。山頂から白馬のパノラマを満喫したらスキー場の草原を抜け、山道に向かう。この山道は小ピークが3箇所程有り、担ぎがあるが路面は荒れて無く、深い森の感じがとても良く緑のトンネルを走り続けるのは気持ちいい。沢の音が聞こえると山道は終わりの印。丸太橋を渡るとシングルトラック終了し、後は林道を下り県道に出て車に戻るだけだ。写真を撮るなどして3時間半の行程でした。

森は気持ちいい

日陰は涼しい。休憩

13.07.20 山サイ

By , 2013年7月20日 8:34 PM

前から狙っていた奥多摩の東に伸びる尾根の山サイに行って来た。1736mの山頂までは標高差500mの林道を登り、登山道700mの登りは自転車を担ぎ上げる。山頂はガスがかかり富士山が見えるはずの展望は何も見えないのが残念だった。山道の下り方面をみると全体的にガスって遠くまで見渡せないので開放感に欠けるが尾根が広くこれからの下りに期待が持てる。山頂直下は雨でえぐれ荒れている所があったが尾根上の所々のピークは巻道も有りスムーズに通過でき、後半のトラバース道は漕いでスピードを乗せることもできかなりの乗車率。8.2kmの山道は2時間程で走り終えた。

下る前に山頂で1枚。下りにワクワク


山道は気持ちのいい森が続きます。



いい山道が続きます。

13.07.07 山サイ

By , 2013年7月7日 8:27 PM

峠はあと少し、頑張れ

梅雨が明けました。日中の涼しい内に山行を済ますつもりが朝から蒸暑く、汗びっしょりの山サイになりました。さて、山サイデビューのIさん、まずはお試しで短い山道を下る。慣れないオフロード走行は緊張のため力入りすぎ。汗だくで降りてきてダウン気味。次のセクションは峠を登ってからの林道の下りヒルクライムの経験のないIさんには大変だったようでもう一本峠に行く予定をなくし、里に下りきょうは終わりにしました。せっかく登った峠の下り区間は舗装工事が進み、ダート区間が少なく残念でした。Iさんの山サイデビューはツーリング向きの自転車でなかったこともあって、しょっぱい結果になってしまいました。次回、楽しみにしてます。

13.06.08 山サイ

By , 2013年6月8日 8:04 PM

その昔、峠好きのサイクリスト達に知られた峠に山サイに行ってきました。1897mの峠から里の村まで標高差約1200m、14kmの山道下りが楽しめるロングルートです。まずは標高差750m、15kmのロードのヒルクライムがアプローチで登り切った峠から山道に入ります。目指す峠までは10kn程で乗車率20~30%位。自転車を担いで岩を越え、坂を登り、のんびり歩く。峠には昼近くに着いたので登山者が多くいて、自転車を担いでいる私はちょっと浮いた存在でした。下る山道は峠から入る。長いなだらかな尾根に付いた山道は乗車率が良く、路面状態も良いのでどんどん降れ、2時間程で里に着きお腹いっぱいなった山サイを終了した。

自転車でくるのも3回目

担ぎはお約束



12.11.10 山サイ

By , 2012年11月10日 4:30 PM

秩父の石灰岩の山の近くの二つの峠を越える山サイに行って来ました。ロードの走り、担ぎ、山道下りと山岳サイクリングの要素が程よくミックスされMTBを使っているなぁと感じさせてくれました。この地域は石灰石の産地ということもあり採堀場のトロッコ脇を通ったり、山の中に廃屋が有ったり、下山はダムに出たりと風景の変化があるルートでした。本日の行程35km

アプローチは石灰岩の山を目指します

ひとつめの峠からスター

下って次の峠を目指します

二つ目の峠は採石場の横を登って行きます(後ろは運搬用用のレール)

狭い山道は慎重に走ります

ダムに着いてツーリングは終わり