0415,16北月山荘ルート、課題を残す。

By , 2017年4月25日 7:59 PM

月山の北尾根を下ると月の沢温泉がある。これが山スキーのルートになっている。温泉好きのNisshyさん企画で”山を降りたら温泉ね。月の沢温泉、北月山荘宿泊山行”は7人パーティで出かけてきた。

初日、寒河江PAで仮眠から目覚めると晴れては無いかまずますの天気。風が少し気になるが山行は問題ないだろうと期待して月山に向かうと雨が降っているではないか~!しばらく様子をみるが、雨、風はひどくなり、姥沢駐車場からは1台、また1台と車がいなくなっていく。

月山姥沢。雨、風、リフト動かずこんなはずではなかった。

月山姥沢。雨、風、リフト動かずこんなはずではなかった。



本日は、クラゲの飼育で有名な加茂水族館でクラゲに癒してもらい、海の幸を食べようと鶴岡に下った。

カリフォルニアアシカのショーを楽しんで

カリフォルニアアシカのショーを楽しんで


ミズクラゲに癒されました。

ミズクラゲに癒されました。

翌日は月山の北尾根ルートの折口近くにある983ピークまで、偵察を兼ねての山スキーとなった。山を見るとツリーホールが大きく、所々雪が落ちている。ルートを見つけて尾根に上がると問題なく登り。983ピークから北月山荘までを滑り、半日の北月山荘の裏山遊びを楽しんで北月山ルート計画は終わった。

北月山荘の前で支度

北月山荘の前で支度


目的のピークまで登り満足かな

目的のピークまで登り満足かな

東北の 4月は冬と春の境目なのか天候が悪いときがあり3年前も撤退している。天候が落ち着く5月上旬ごろが良いと思うが雪が繋がらない年もあるので、山行時期の見極めが難しい。北月山荘に泊まることがNisshyさんはの目的だったので目的達成だが課題が残ってしまい、しばらくの間この計画は毎年出そうである。

 

04-01,2 ポローニアスキーツアー

By , 2017年4月9日 7:20 PM

西大嶺東斜面

西大嶺東斜面



私がテレマークスキーをするようになってからお世話になっている裏磐梯のペンションがある。そこはテレマークスキーの講習、スキーツアーを行っていてテレマーカーが集まる場所にもなっている。私に取って他のテレマーカーの滑りを見るいい機会になっている。
グランデコスキー場~大早稲沢山~小野川不動遊歩道入口の縦走ツアーと箕輪山ツアーがあると友人に誘われて参加をしてきた。ところが縦走ツアーはクラストに泣かされてタイムアウト、箕輪山は前日の状況からオープンバーンはクラストしていると判断し中止。変わりに西大嶺の東斜面を滑ることになった。登り始めはガスで視界が悪く心配であったが西大テンに着いた途端にガスが晴れて視界良好。斜面は脛まで沈む雪で4月としては贅沢な雪質。標高差120ほどの斜面を登り返し3回をして4月のパウダーランを楽しんできた。

 
P4020034 P4020036
 P4020050  P4020060

2017-03-25 野沢温泉~馬曲温泉スキーツアー

By , 2017年3月31日 5:35 PM

10年ほど前に野沢温泉スキー場から島平の馬曲温泉へのスキールートがあることを知って、温泉から温泉ってなかなか素敵ではないかと思っていた。やっと行く機会が出来て雪の落ち着く3月下旬に計画を立てた。参加者は秘湯巡り好きのNisshyさん、地図読み好きのF田さん、野沢温泉好きのS木の3人である。温泉to温泉のスキーツアーの始まりは温泉。私は野沢温泉の外湯の新田の湯で朝風呂に入ってから出かけた。

旅は新田の湯から始めた。

温泉スキーツアーは朝風呂から始める



野沢温泉スキー場のパトロールに計画書を提出し、スキー場トップの毛無山に行く。整備中のパトロールにロープをくぐるときはツボ足で入って影になったところでスキーを履くようにお願いされる。一般者が入らないための配慮である。パトロールに気を付けてと声をかけられて快く出発する。山に入ると膝上まで埋まる深雪パウダー。まずは南東の鞍部に滑りこむ。寒気が続いたので3/下旬とは思えないパウダーランで鞍部に着く。ここから1633のピークまで登り地元でアオキと呼ばれている場所に向かう。脛ぐらいのラッセルであったが20分ほどでピークに着いた。アオキに滑り込む斜面は程よい角度で楽しめそう。ピットチェックの結果、急斜面は避け、斜度の緩いルートでアオキに滑り込む。アオキは尾根に囲まれた平地で地元の人が、たけのこ狩り中によくで迷うところだと宿の方の聞いた。平らな笹藪の中では見通しがきかないから迷うのだろうなぁ。

毛無山電波塔下が滑り始める。


1633ピークまでのラッセル

1633ピークまでのラッセル


毛無山

毛無山


P3250082

雪のチェック

アオキから南西にある1532ピークが馬曲温泉へ下るスタート地点だ。地図では細尾根で小さな支尾根があることが読み取れる。支尾根に入り込まないように地形を確認しながら下っていく。想像していたより尾根幅があり滑ることに問題はないが地図から読み取れない5,6メートルの登りがあって、階段歩行で超えていく。春らしいしっとりした雪は昼近くになると滑りずらくなってきた。そんな中、F田さんが足を取られて転倒。その時に片方のストックの石突きとリングが抜けて紛失してしまう。リングがないのでストックが潜って一苦労することになった。

P3250122

アオキの斜面


P3250121

なかなかのパウダーでした


P3250094

途中の登りは階段登りで進む。後ろは毛無山


P3250101

尾根は結構広く滑りも楽しい

1100m地点を過ぎ、尾根の終わりが近づいてきた。真っすぐ行くより右側(西側)に下る斜面が面白そうとNisshyさんの遊び心が訴えてきたので地図を確認する。下ると広い平地状の地形に出て沢を渡る予定のところに行くので問題はない。まずNisshyさんが斜面に入りターンするとスラブが発生。湿った雪が塊を作りながら落ちていく。ゆっくり落ちていったので巻き込まれることなく難なく降りる。雪は7,8mの幅で20mぐらいは落ちたかな。この次期よく起こることだから気を付けよう。
平地状地形を抜けると北入谷、本沢川、赤ダレ谷の3つが合流するあたりに着いた。沢を渡り林道に出る予定でいたが前に進めば沢、左側を登れば沢と右往左往してしまう。一度上流に登り返し、沢の埋まっているところを渡り、林道に出る。山から出てあとは林道を行くだけと楽に考えていたが雪の踏まれていない林道は板が走らず、歩きも混じり時間がかかる。スノーシューのトレースが現れたおかげでそのあとはすいすいと滑り、除雪終了点に着いた。馬曲温泉まで1.4km。トコトコあるくこと30分、望郷の湯、馬曲温泉に到着。温泉to温泉のスキーツアーは木島平が一望できる露天風呂に入って終了した。

P3250111

落とした雪の末端を進む


IMGP0121

雪はここまで、温泉まであと1.4km


馬曲温泉の入口は看板がうるさいかな

馬曲温泉の入口は看板がうるさいかな

 

0304.5 高谷池ヒュッテ

By , 2017年3月20日 5:09 PM

P3110022高谷池ヒュッテには毎年4月の小屋開けの時に行っていて周辺の火打山、さくら谷を滑っている。違った時期に行ってみようと3/11,12に高谷池ヒュッテ域の山行を企画した。目的は高谷池ヒュッテに泊まりに行くスキー旅。滑りはおまけと思っていたが、週中の寒気のおかげで降りるところは十分な積雪のパウダー斜面で大当たり。雪の返りを感じての滑りは最高。センター84mm幅の板で浮き沈みながらパウダー滑りは楽しいじゃん。登り返して滑るなど楽しい道中であった。
高谷池ヒュッテは3階を冬季小屋として開放しており、布団、毛布が多少ある。押し込んで20名ほど入れると思う。今回は東京スキー協の団体の5名、写真撮影目的の2名と私達3名の10名で余裕があった。冬季小屋ではちびちびとお酒飲んで過ごし、室温―5度のなか持参シュラフと布団で快適に寝ることが出来た。
翌朝は撮影のため夜明け前に出るひと、火打山から澄川に下るパーティーと朝が早い。私達は戻るだけなので8:00に出発。途中外輪山の斜面を登り返してい一本滑ってから三田原山に戻ると人々が結構いて山を滑る人が増えたことを実感した。最後の斜面になる池の峰に下る南斜面に入るとクラストしており滑りずらいこと。四苦八苦しながら降りていく。荒らされてない斜面に行こうと西寄りを下ったためにスキー場からかなり離れたところ降りてしまうことに気づき、東にトラバースをして降りたところはスキー場まで3kmほど離れた県民の森の近くで45分歩いたあと滑ってスキー場に戻ることが出来た。


黒沢池を歩く。正面の黒沢岳を超えると高谷池だ

黒沢池を歩く。正面の黒沢岳を超えると高谷池だ


黒沢岳の斜面は私達だけで独占

黒沢岳の斜面は私達だけで独占


ライチョウさんにも出会えたよ

ライチョウさんにも出会えたよ



 

 

 

 

 

 

 
 

東谷山 2017.2.4

By , 2017年2月16日 9:13 PM

私は日本が勤労者山岳連盟の山スキー学校の卒業生でその仲間と東谷山に山スキーに出かけた。5期の仲間、町田グラウスの会とウルスカのスノーボーダー2人がついて来て、9名となった。田代スキー場の東側にある東谷山は標高1500m程の山だ。二居から登って貝掛温泉バス停方面に下るルートで滑られている。入山口と下山口が5.5km程離れていてバスで戻ることが出来る。私達は田代スキー場の駐車場に車を止めて山に入り貝掛温泉バス停近くの除雪エリアにデポした車で戻って来る計画にした。
二居から登山道を登り、二居峠から稜線に上がる。天気が良く風が無いから気持ち良く登れる。まわりの山々を眺めながら登って行くと急斜面の細い尾根になり四苦八苦するがここを登りきるとなだらかになり、あとは楽に進むと上越の山々がぐるりと見渡せる山頂に到着する。さて地図で滑る西側を確認すると扇状に広がった斜面で下のほうで沢になり道に出られて迷う地形ではない。雪の状態をピットチェック、プローブで確認すると積雪3m以上で目立った弱層無しの軽い雪質の斜面だ。
私は今シーズン初のテレマークの深雪滑りにワクワクしながら斜面に飛び込んでいった。イェーイ!

P2040086 P2040091
 P2040119  P2040099
 

2017.1.29 黒姫山

By , 2017年2月6日 11:03 PM

黒姫山は東尾根を滑る山スキーで何度も訪れており、毎回深雪の滑りを楽しんできた。今回の黒姫山は黒姫スノーパークから登り、北へ2.4km程離れた高沢発電所の下りる初めてのルートだ。
朝から晴れていて気持ちがいい。日当たりの良い旧ゲレンデ跡は汗だくになりながらのハイクアップになった。1時間程で旧ゲレンデを登り一休み。着ているものを調整して(誰だTシャツ1枚でいるのは!)上を目指す。昨日から降雪は無く、前日のトレースがしっかり残っている。しかも目的の北方向に向かっていてラッセル無しで進み、2時間半ほどのハイクアップで済んだ。ドロップポイントである外輪山の端まではトラバースしながら滑って移動し滑降ポイントに着く。斜面を見てM田リーダは「この斜面、大丈夫だよね」と雪崩ないか意見を求めたのに、C春さんは「いい斜面、滑れる。」とノー天気な答え。あれ?まあいいか。1850mからの斜面はちょっと樹林が多かったが北斜面でいい雪が残っていて、1番よかった斜面だった。さーと滑り降りるごとに樹林がうるさくなった来る。樹林の少なそうな尾根に乗り換えながら滑るとチェックポイントである道に出た。道沿いをしばらく進み、発電所に向かう尾根に乗る。ここから下山口の高沢発電所までは樹林が濃く、雪はモナカ気味で滑る面白さは無かったがコンパスと地形判断で進む山スキーらしい面白さ?で発電所に向かった。
※このルートは下山口の高沢発電所に車をデポする必要があるが下山口が宿泊した田端屋さんと近かったので皆で歩いて戻り、宿に残しておいた車で車を回収する方法を取った。


登って

登って


昨日はあの三田原の斜面を滑ったなぁ

昨日はあの三田原の斜面を滑ったなぁ


下りのスタート

下りのスタート


この辺が楽しめたところ

この辺が楽しめたところ


楽しんでますね

楽しんでますね


発電所の貯水池

発電所の貯水池

無事に到着、ワーイ

無事に到着、ワーイ

2017.1.21 三田原山

By , 2017年2月2日 10:23 PM

妙高山の外輪山である三田原山の山スキーは杉ノ原スキー場のリフトトップ1850mから2300mの外輪山に登り、スキー場に通じる妙高高原公園線39号までの標高差1000m滑ることのできるお手軽ルートだ。山頂行きのリフトは9:00時頃の営業で下でダラダラしてからスタートする。ゴンドラ、リフトを乗り継いで9:30に歩き出す。。先行パーティーが着けたトレースのおかげで11:00に外輪山に着く。1時間半、結構早く登ったなぁ。目の前には妙高山、振り返れば黒姫、佐渡山、乙妻山のパノラマが広がる。今日は遠くに富士山まで見えるおまけ付き。

 P1280002 P1280003
 P1280005  P1280006
これから滑る南斜面は2000mまでは樹林が少ない広いオープンバーン。明け方にかけての降雪はまだクラストが始まって無く雪は柔らかい。無線があるからみんな適当にの一声でリーダM田がスタートする。間隔を開けて一気に滑り出し雪煙を上げる。あっという間に300m程降る。気持ちのいいバーンに全員一致の登り返そうぜ!の一言。一休みしてから250m登り返しノートラックのおいしいバーンを滑り降りる。2000m帯を過ぎると樹林が濃くなるがみんなは滑りにあまり関係が無いのか、長い距離を滑るリーダーM田に付いてバンバン滑るとあっという間に妙高高原公園線39号に着いて標高差1000mの山スキー旅は終了を迎えた。いやー、登りも下りもみんな速いねー、4時間しか遊んでないよ。
9:30リフトトップ(1850m)~11:00外輪山(2300m)~13:20妙高高原公園線39号(1300m)~13:40杉ノ原民宿街
P1280077  P1280026
 P1280017  P1280032
 

2017-2-21 ゲレパウの 野沢温泉スキー場&裏山BC

By , 2017年1月25日 10:03 PM

P1210063年末、年始めと雪不足の野沢温泉スキー場だったが積雪は3m超えて、21日は早朝からの降雪で絶好のコンディション。朝一の長坂ゴンドラで山頂駅に行く。M尾、F野、S田を連れて野沢温泉スキー場のパウダーポイントを案内するつもり。まずはやまびこゲレンデ周辺の樹林帯をリフトでまわしてパウダー三昧。午前中のサッラッサラの雪は申し分ない。11時ごろ、山頂付近は混んで来たので移動する。途中に寄った旧ゲレンデは誰も入っていなく、ファーストトラックをゲット。吹き溜まりになっている斜面は底付きしないサラサラパウダーでM尾さんはご満悦。急斜面不整地を降りて午前中は終了してひと休み。
午後は寝坊組の3人組と合流し行先を裏山に変えてパウダーを狙う。裏山の樹林帯の斜面は深く、軽い。滑るとふぁわーとスキーが進む、この時期だからこそ味わえるこの気持ちの良い滑り。山スキーをやっているから出会える雪である。登り返しをして3本滑るといい時間になっていた。朝一番から存分にパウダーを楽しんだ後は温泉&ビールだね。

P1210094  P1210092
 P1210058
 

恒例の野沢温泉スキー

By , 2017年1月12日 9:58 PM

毎年恒例の野沢温泉スキーはとにかくたくさん滑ることを目的した企画。1月7~9日の2泊3日十分に滑ってきました。今年は雪が少なくヤブで滑れないと思って入った裏山のバックカントリーはいい状態の雪が残っていて、スネパウダーぐらいで遊べました。でもあと1mは積雪が欲しいなぁ。
ゲレンデでは動画を撮って滑りのチェックをするひと、ワンポイントレッスンで滑りが変わったひと、2日間裏山のバックカントリーに入り、深雪滑りのチェックをするひと、スノーボードでBCデビューを考えて練習するひと等、皆さんのレベルアップの御手伝いが出来て、野沢温泉スキーを企画してよかったと思っています。山スキーに出ると滑るより降りることが多いのでこのようなときに滑る感覚を身に付けてもらえればと思います。また来年やるよー!

青空と霧氷の裏山バックカントリーはとてもきれいでした。

 P1070045P1070043
 P1070034P1070039
 

 

秋のレスキュー訓練

By , 2016年11月24日 8:08 PM

毎年、年末の土日に冬のレスキュー訓練を行っている。今年は3連休に当たり、3連休は滑りに行きたいと意見があり、秋に冬の訓練を行うことになった。
訓練は以下の通り

■ビーコン操作
●他機種の電源のオンオフ、操作方法の確認
●ビーコンを隠してビーコン捜索の復習
●多数埋没者捜索機能の確認

■搬出訓練
●ヒューマンチェーンによる移動
●スリング、ザックを使った背負っての搬送

■滑落者の引き上げ
●肩がらみによる引き上げの補助 ●1/2システムの理解
●1/3システムの理解

ビーコン捜索を行う際に知っておくとよい事例がいくつかあった。①ビーコンの表示距離は磁束線のとらえ方によっては埋没者との最短距離を表してい場合がある。②多数埋没者機能は、ある機種は1台目を見つけた後、マーキングし、2台目が近くにあっても違う方向を表示して通り越してしまうことがある。
これらはビーコンを早く動かさずゆっくり動かし、ビーコンに受信させる時間を与えてあわてないことで解決する。
引き上げの方法は肩がらみ、1/2システムはすぐに準備できるので覚えておくとよい方法であった。
年に1回であるが訓練を継続しているおかげで皆、身についてきたのかなと思える訓練であった。