2022/5/7 昼闇山

By , 2022年5月26日 1:38 PM

・天候:晴れ
・ルート:アケビ平〜昼闇谷〜北尾根〜1600mの肩〜ピストン
・メンバー:KK(リーダー&撮影&記録)、CK



大型連休の終盤に昼闇山ワンデーに行ってきました。

焼山温泉先の林道は奥の橋まで入れて1時間は短縮。
橋からはずっと雪がついていました。
杉が植林されているアケビ平を過ぎると赤布がありそこから昼闇谷へ。

昼闇谷をしばらく進むと地形図上で水線が消えるあたりから左岸の尾根に取りつきます。
この辺りから昼闇山の大カールがその全貌を見せてきました。
カール内はクラックが多く滑走はちょっと難しいかも??

傾斜はどんどんキツくなりCKはツボに切り替えます。
大事には至らないものの、滑ったら雪面を数百メートルは滑落しそう。
私はシールとクトーでなんとか1600mの広い尾根、通称”肩”まで登りました。

肩では360度の絶景が迎えてくれました。
正面に昼闇山、金山、雨飾山。
さらに右には阿彌陀山、烏帽子岳、権現岳。
この眺め、辛い登りも吹き飛びます。

昼闇山への稜線は雪が切れてクラックが多く登頂は無理そう。
ここから滑降することに。

ほぼ登ってきたルートを滑りましたがこれがなかなか滑りごたえがあって楽しい。
40度近い斜面は適度なザラメでテンポ良く小回りで滑っていきます。
カールの中央下部まで降りて見上げると眼前には見事な大カール。
次はカールの真ん中を滑りたい。
その後は昼闇谷源頭を軽快に滑ってアケビ平へ。

カールの滑降は叶いませんでしたが、カールの端の急斜面を十分楽しむことができました。

20220507-R3101340
昼闇谷をいく。谷の先に昼闇山がのぞく
20220507-R3101344
昼闇谷をいく
20220507-R3101350
尾根のとりつき地点
20220507-R3101351
昼闇山がのぞく
20220507-R3101359
権現と烏帽子
20220507-R3101366
カールが見えてきた
20220507-R3101372
カールの全貌が
20220507-R3101377
急斜面からのぞく阿彌陀山
20220507-R3101381
見事なカール
20220507-R3101404
最後の胸突き八丁
20220507-R3101397
1600m肩からの眺め 昼闇山
20220507-R3101393
昼闇山と金山
20220507-R3101394
金山と雨飾山
20220507-R3101413
カールの中へ
20220507-R3101416
昼闇山の大カール
20220507-R3101322
おまけ 水鏡に映る頸城の山々 左から火打山、焼山、昼闇山
 

 

2022/4/9 焼山

By , 2022年5月19日 5:09 PM

・天候:晴れ
・ルート:笹倉温泉〜アマナ平〜北面台地〜大曲〜ピストン
・メンバー:KK(リーダー&撮影&記録)、CK

快晴の青空のもと、頸城の大オープンバーンを目指して焼山に行ってきました。
その広大な光景は期待を裏切ることなく、圧倒的なスケールはまるで鳥海山を彷彿とさせてくれました。
この日はピストンなので行けるところまで登って広大な大地を一気に滑り降りてきました。
シャリバテ気味で2000mのはるか手前でギブアップとなりましたが、次はアマナ平にベースを張って焼山山頂直下と高松山を狙ってみたいと思います。



 

20220409-R3205738
 高松山の尾根の向こうに焼山が見えてきた
 20220409-R3205766
 アマナ平から焼山
 20220409-R3205770
 高松山の尾根取り付き点
 20220409-R3205803
 アマナ平の先の急登を越えると正面から焼山が迫ってくる
20220409-R3205809
一番手のスキーヤーが降りてきた
20220409-R3205843
焼山と火打山
20220409-R3205866
北面台地の全貌
20220409-R3205871
右には高松山。数名のスキーヤーが登っていた
20220409-R3205902
続々と降りてきた
20220409-R3205913
左前方には火打山
 20220409-R3205916
大曲付近のシュプール
20220409-R3205924
焼山をバックに続々と
20220409-R3205940
テレマーカー
20220409-R3205993
CK氏 本日のベストショット
20220409-R3206009
火打をバックに
20220409-R3206023
北面台地に滑り込むCK氏
20220409-R3206036
 絶景を振り返る
 

2022/4/2 空沢山

By , 2022年5月11日 4:57 AM

・天候:晴れ
・ルート:シャルマン火打スキー場トップ〜放山〜空沢山〜笹倉温泉
・メンバー:KK(リーダー&写真&記録)、CK

頸城山塊の展望台・空沢山へシャルマン火打スキー場から向かいました。
そこでは百名山の火打山や活火山の焼山、高松山、昼闇山・・・、頸城の名峰の大パノラマが待っていました。
圧倒的眺望の縦走スキーが楽しめました。

20220402-R3100102-3
 火打山と焼山の絶景
 20220402-R3109838-3
放山山頂から
 20220402-R3100040-2
  焼山
 20220402-R3109942-2
 空沢山手前の広い尾根から容雅山
 20220402-R3109954-2
権現岳と日本海の地平線
20220402-R3100082-2
 空沢山からの絶景
 

2022/2/26 北アルプス 八方尾根から押出沢

By , 2022年5月10日 4:22 PM

・天候:晴れ
・ルート:八方尾根スキー場トップ〜第2ケルン〜押出沢
・メンバー:HM(リーダー)、SM、CK、KK(写真&記録)

雲一つない冬晴れのもと、八方尾根スキー場リフトを利用して北アルプスの沢を滑走しました。
雪は締まり雪崩リスクも少なく、豪快なアルパイン滑降ができました。

20220226-DSCF4348
二股からのモルゲンロート
20220226-DSCF4353
八方池山荘から登高開始
20220226-DSCF4361
白馬三山をバックに
20220226-DSCF4366
白銀の白馬三山
20220226-DSCF4368
さすが人気のルート
20220226-DSCF4376
地吹雪の向こうに鹿島槍と五竜
20220226-DSCF4386
絶景の登高
20220226-DSCF4409
白馬三山とHMさん
20220226-DSCF4426
押出沢源頭
20220226-DSCF4438
押出沢から白馬三山
20220226-DSCF4442
さすがは北アルプス地形
20220226-DSCF4443
SMさんスタート
20220226-DSCF4453
CKさん
20220226-DSCF4461
押出沢を見上げる
20220226-DSCF4477
南股入の渡渉

2022/2/13 鍋倉山

By , 2022年3月6日 12:43 PM

・天候:曇り
・ルート:温井〜久々野峠〜黒倉山〜<滑降>〜鍋倉山〜<北面滑降>〜温井
・メンバー:TM、HM、MK、CK、KK(写真&記録)

厳冬期の鍋倉山へ。
今年の北信地域は大雪で鍋倉山麓の藪は完全に埋まりました。
連休最終日でトラックがうるさいと思われましたが、ノートラック斜面を探しながらのパウダーランが楽しめました。


美しいブナの斜面を登ります
 20220213-DSCF3709-2
 20220213-DSCF3722-2
 20220213-DSCF3723-2
 

山はガスに覆われ、幻想的なブナの森がわれわれを迎えてくれました。
ブナの美しいたたずまい
20220213-DSCF3728-2
20220213-DSCF3748-2
 
美しいブナの森が続きます
20220213-DSCF3743-2
20220213-DSCF3758-2
 

山麓はガスっていましたが、山頂に着く頃には雲が抜けてくれました。
すると雲海の先に妙高と火打が浮かんできました。
鍋倉山頂より
20220213-DSCF3770-2
 

 

2020-8-16 岩菅山

By , 2020年8月17日 5:22 PM

コロナ禍の自粛ムードでなかなか行楽気分とはいきませんが、
平地のあまりの暑さにヘキエキ。
こうなると高地に逃れるしかありません。
ということで、長野宅の地元、志賀高原の名峰岩菅山に行ってきました。

ところで夏になると無性に沢に行きたくなります。
今回は、雑魚川や魚野川の沢登りの詰めで至る岩菅山の登山道の様子と、
尾根上からの状態を確認することも目的のひとつ。

カヤの平経由で奥志賀を抜け一ノ瀬の登山口に向かいました。
先行車は1台。
200名山とはいえ100名山とは比べ物にならないほど静かな状況です。

しばらくは樹林帯の中を進みます。
朝の空気と相まってひんやり。
気持ちのいい登高が続きます。

用水路沿いにしばらく進むと綺麗な沢を渡ります。
イワナが数匹戯れていました。
人を恐れる気配がありません。
志賀は雑魚川を主線に多くの沢が注いでいますが、
これらの沢はほぼ全てが種沢で禁漁。
人は危害を加えないことが代々遺伝子に組み込まれてるんですかね。
ひっきりなしに通る人を恐れません。

20200816-R3108019
20200816-R3108024
 

そこからはシラビソやコメツガなどの雰囲気ある針葉樹の森を登っていきます。
シラビソは着雪に耐えるため下向きに枝を延ばします。
20200816-R3108025
20200816-R3108028
20200816-R3108030
20200816-R3108031
20200816-R3108032
 

中間地点を過ぎる頃から岩菅山がチラチラと見え始めます。
立派な山容です。
樹林帯を抜けるとノッキリと呼ばれる稜線に到着。
高天原からの登山道と合流するところでベンチが置かれています。
20200816-R3108034
20200816-R3108036
20200816-R3108039
 

ノッキリは標高2070mでここが森林限界。
岩菅山を正面に笹原の中を進みます。
右下には名渓魚野川の切れ込みが森の中を縫っています。
森に隠れて水の流れは見えず、森の豊かさを物語っていました。
沢登りの渓としても魅力的で、
秋山郷切明から2泊3日の沢旅にいつか挑戦してみたいでね。
しかし最後の詰めでこのネマガリ笹のヤブコギが待ってるのが改めて確認できました。
20200816-R3108040
20200816-R3108045
20200816-R3108048
20200816-R3108059
 

岩菅山の詰めはガレ場の直登。
まだ午前中の曇りで真夏の太陽の直射は避けられましたが、結構な登りです。
30分ほどの直登で登頂。
ここまで数名の登山者と合流。
そこそこ登られてる印象です。
20200816-R3108050
20200816-R3108072
 

避難小屋があるということで早速確認。
(沢登りのビバーク地にしたいと密かに企んでます)
しっかりとした小屋で薪ストーブあり綺麗な状態でした。
快適に過ごせそうです。
ちなみに外にはトイレもありました。
沢を詰めて下山の気力がない場合は全然使えますね。
20200816-R3108060
20200816-R3108061
20200816-R3108067
20200816-R3108068
20200816-R3108069
 

三角点はツリガネニンジンに囲まれて幸せそう。
20200816-R3108074
 

ここから志賀高原の最高峰裏岩菅山まで足を延ばしました。
気持ちのいい稜線歩きが続きます。
右の眼下にはガスに包まれた魚野川の谷が深い森の中に刻まれています。
花もそこかしこに咲いています。
ツリガネニンジン、ウスユキソウ、ウメバチソウなど。
20200816-R3108080
20200816-R3108090
20200816-R3108057
20200816-R3108047
 

ハイマツの稜線を進むと小高い丘になっている裏岩菅山です。
360度ぐるりと広がる絶景の頂です。
ゲレンデに蝕まれた焼額山と奥志賀高原、稜線の先にそびえる烏帽子岳、
雲に隠れた佐武流山と白砂山方面。
外川沢の詰めで至る稜線の様子もはっきり確認できました。



 

 
20200816-R3108092
20200816-R3108093
20200816-R3108094
20200816-R3108095
20200816-R3108096
 

帰路、雲が晴れて炎天下の稜線歩きになりました。
標高2000mを超えるところでこの暑さ。
下界の地獄は推して知るべし。
ところで裏岩菅山側からの岩菅山も見事な山容でした。
奥には横手山もどっしりと構えていました。





 

 
20200816-R3108101
20200816-R3108110
 

軽い熱中症気味で頭痛が・・・。
森林限界のノッキリから先は木陰で涼しくなります。
頭を冷やしたいので急いで沢まで下って水浴び。
生き返りました。
イワナたちはあいかわらず元気に遊んでいました。

往路は気づきませんでしたが、用水路の脇にヤマオダマキが妖艶に咲いていました。
20200816-R3108129
 

おわり

2020-3-22 袴岳

By , 2020年3月28日 11:16 PM

信越国境の袴岳にスキートレッキングに行ってきました。

袴岳は斑尾山の隣にあって、信越トレイルのセクション1の途中にあります。

美しいブナ林に包まれた穏やかな山です。

この日は雨予報でしたが、森の撮影にはgood。

ガスに包まれたブナの森は、狙い通り幻想の世界へ導いてくれました。

 20200322-hakamadake001
 20200322--hakamadake002
20200322--hakamadake003

2020-2-19 鍋倉山 山スキー

By , 2020年2月20日 8:48 AM

今シーズン最期のパウダーかな?



 

20200219-R3106028
20200219-R3106066
20200219-R3106127
20200219-R3106138
20200219-R3106150
20200219-R3106157
20200219-R3106038
20200219-R3106162
20200219-R3106169
20200219-R3106184

2020-2-2 鍋倉山 山スキー

By , 2020年2月4日 12:48 AM

前日の野沢に続いてきょうは鍋倉山。
降雪後の晴れとあって多くのスキーヤーが集結していました。
(神○川ナンバーの見覚えあるクルマもありました)

好天のもと、さっそく出発。

いつもの細尾根は取り付きが厳しそう。
今日は沢ルートをただることに。

20200202-R3104482
先行パーティが尾根に取り付いていました。

沢ルートはブナ林の絶景が続きます。
しばしご堪能ください。
20200202-R3104530
20200202-R3104559
20200202-R3104575
20200202-R3104588
20200202-R3104591
20200202-R3104600
20200202-R3104625
 

美味しそうな斜面を横目にしばらく登ると黒倉山とのコルに出ます。
20200202-R3104614
20200202-R3104631
青空ものぞき絶景が広がります。

 

山頂にはたくさんのスキーヤーが。
われわれは総勢10名で記念撮影。
20200202-R3104653
 

さあ、楽しい下りの始まり〜。
登ってきた北斜面をいくしかないでしょう。
動画でご覧ください♪



 

途中のブナ斜面で滑走撮影。
20200202-R3104658
20200202-R3104667
20200202-R3104688
20200202-R3104702
20200202-R3104708
いや〜楽しすぎます。

 

さらに美味しい斜面は続きます。
20200202-R3104713
20200202-R3104728
20200202-R3104732
逆光で写真的には絶好のシチュエーション。

 

まだまだ続きます。
20200202-R3104752
20200202-R3104773
20200202-R3104789
20200202-R3104792
20200202-R3104806
20200202-R3104813
20200202-R3104830
 

いや〜なべくら・・・外しません。

2020-2-1 野沢温泉スキー場〜青木山

By , 2020年2月3日 3:00 PM

北信州も降っては解け、降っては解けの繰り返しでなかなか雪がつきません。
昨日からまとまった雪が降ったので期待して向かった野沢温泉スキー場。

毛無山の裏は結構なラッセルで期待が膨らみます。

20200201-R3104166
20200201-R3104189
冬化粧のブナ。美しいです。

 
20200201-R3104172
青木のコル。ヤブが目立ちます。

 
20200201-R3104192
20200201-R3104208
20200201-R3104214
20200201-R3104222
期待を胸に青木山へ。

結果は・・・ ↓    動画 ↓



 

諦めがつかないツワモノ女子の賛成大多数でコルへ登り返しました。
20200201-R3104337
 

おじさま達はコルでギブアップ。

女子達はノートラック斜面を見つけて登って行きました。
20200201-R3104354
20200201-R3104361
20200201-R3104372
20200201-R3104385
20200201-R3104395
20200201-R3104403
20200201-R3104415
みんなパウダー満喫♪♪

 
20200201-R3104444
20200201-R3104447
コルから沢を滑降。楽しい〜〜〜。