Category: ハイキング

2020-8-16 岩菅山

By , 2020年8月17日 5:22 PM

コロナ禍の自粛ムードでなかなか行楽気分とはいきませんが、
平地のあまりの暑さにヘキエキ。
こうなると高地に逃れるしかありません。
ということで、長野宅の地元、志賀高原の名峰岩菅山に行ってきました。

ところで夏になると無性に沢に行きたくなります。
今回は、雑魚川や魚野川の沢登りの詰めで至る岩菅山の登山道の様子と、
尾根上からの状態を確認することも目的のひとつ。

カヤの平経由で奥志賀を抜け一ノ瀬の登山口に向かいました。
先行車は1台。
200名山とはいえ100名山とは比べ物にならないほど静かな状況です。

しばらくは樹林帯の中を進みます。
朝の空気と相まってひんやり。
気持ちのいい登高が続きます。

用水路沿いにしばらく進むと綺麗な沢を渡ります。
イワナが数匹戯れていました。
人を恐れる気配がありません。
志賀は雑魚川を主線に多くの沢が注いでいますが、
これらの沢はほぼ全てが種沢で禁漁。
人は危害を加えないことが代々遺伝子に組み込まれてるんですかね。
ひっきりなしに通る人を恐れません。

20200816-R3108019
20200816-R3108024
 

そこからはシラビソやコメツガなどの雰囲気ある針葉樹の森を登っていきます。
シラビソは着雪に耐えるため下向きに枝を延ばします。
20200816-R3108025
20200816-R3108028
20200816-R3108030
20200816-R3108031
20200816-R3108032
 

中間地点を過ぎる頃から岩菅山がチラチラと見え始めます。
立派な山容です。
樹林帯を抜けるとノッキリと呼ばれる稜線に到着。
高天原からの登山道と合流するところでベンチが置かれています。
20200816-R3108034
20200816-R3108036
20200816-R3108039
 

ノッキリは標高2070mでここが森林限界。
岩菅山を正面に笹原の中を進みます。
右下には名渓魚野川の切れ込みが森の中を縫っています。
森に隠れて水の流れは見えず、森の豊かさを物語っていました。
沢登りの渓としても魅力的で、
秋山郷切明から2泊3日の沢旅にいつか挑戦してみたいでね。
しかし最後の詰めでこのネマガリ笹のヤブコギが待ってるのが改めて確認できました。
20200816-R3108040
20200816-R3108045
20200816-R3108048
20200816-R3108059
 

岩菅山の詰めはガレ場の直登。
まだ午前中の曇りで真夏の太陽の直射は避けられましたが、結構な登りです。
30分ほどの直登で登頂。
ここまで数名の登山者と合流。
そこそこ登られてる印象です。
20200816-R3108050
20200816-R3108072
 

避難小屋があるということで早速確認。
(沢登りのビバーク地にしたいと密かに企んでます)
しっかりとした小屋で薪ストーブあり綺麗な状態でした。
快適に過ごせそうです。
ちなみに外にはトイレもありました。
沢を詰めて下山の気力がない場合は全然使えますね。
20200816-R3108060
20200816-R3108061
20200816-R3108067
20200816-R3108068
20200816-R3108069
 

三角点はツリガネニンジンに囲まれて幸せそう。
20200816-R3108074
 

ここから志賀高原の最高峰裏岩菅山まで足を延ばしました。
気持ちのいい稜線歩きが続きます。
右の眼下にはガスに包まれた魚野川の谷が深い森の中に刻まれています。
花もそこかしこに咲いています。
ツリガネニンジン、ウスユキソウ、ウメバチソウなど。
20200816-R3108080
20200816-R3108090
20200816-R3108057
20200816-R3108047
 

ハイマツの稜線を進むと小高い丘になっている裏岩菅山です。
360度ぐるりと広がる絶景の頂です。
ゲレンデに蝕まれた焼額山と奥志賀高原、稜線の先にそびえる烏帽子岳、
雲に隠れた佐武流山と白砂山方面。
外川沢の詰めで至る稜線の様子もはっきり確認できました。



 

 
20200816-R3108092
20200816-R3108093
20200816-R3108094
20200816-R3108095
20200816-R3108096
 

帰路、雲が晴れて炎天下の稜線歩きになりました。
標高2000mを超えるところでこの暑さ。
下界の地獄は推して知るべし。
ところで裏岩菅山側からの岩菅山も見事な山容でした。
奥には横手山もどっしりと構えていました。





 

 
20200816-R3108101
20200816-R3108110
 

軽い熱中症気味で頭痛が・・・。
森林限界のノッキリから先は木陰で涼しくなります。
頭を冷やしたいので急いで沢まで下って水浴び。
生き返りました。
イワナたちはあいかわらず元気に遊んでいました。

往路は気づきませんでしたが、用水路の脇にヤマオダマキが妖艶に咲いていました。
20200816-R3108129
 

おわり

2020-3-22 袴岳

By , 2020年3月28日 11:16 PM

信越国境の袴岳にスキートレッキングに行ってきました。

袴岳は斑尾山の隣にあって、信越トレイルのセクション1の途中にあります。

美しいブナ林に包まれた穏やかな山です。

この日は雨予報でしたが、森の撮影にはgood。

ガスに包まれたブナの森は、狙い通り幻想の世界へ導いてくれました。

 20200322-hakamadake001
 20200322--hakamadake002
20200322--hakamadake003

扇山~百蔵山の縦走ハイキング

By , 2019年12月2日 10:51 PM

PB300083

富士山がドーンと見えました



スキーシーズンに向けての山歩きの4回目は扇山~百蔵山の縦走ハイキング。中央線鳥沢駅から扇沢~百蔵山~猿倉駅までふもとからふもとまでしっかり歩くコースだ。11月は暖かい日が続いて、今週は寒さが来て初冬の山歩き。初冬の山は樹々の葉が落ち、日差しが入った明るい山道とサクサクと落ち葉の音を楽しめ季節である。しかも空気中の水蒸気が減って、光の散乱が少ないから景色が済んで見える。扇山,百蔵山は富士山がドーンと見えて今日は富士山日よりのいい山行になった。

初冬らしい明るい山道

初冬らしい明るい山道



 

 

 

 

植物のしもばしらが作る霜柱

植物のしもばしらが作る霜柱



赤や

赤や



黄色、

黄色、



白と色彩がきれいな初冬の山

白と色彩がきれいな初冬の山



 

蕨山ハイキング

By , 2019年11月24日 8:27 AM

冬のスキー活動のためのに11月は毎週山に行くことにして、乾徳山、鍋割山と登り、3週目はMさんの誘いで埼玉県の蕨山になった。名郷から蕨山へ登り金毘羅尾根を下り川又・名栗湖バス停までの道だ。予定では14:00ごろの下山であったが一本早くバスに乗れたことと、金毘羅尾根が歩きやすい道だったので昼前に下山したあっさりした山歩きであった。(2019/11/17)

PB170055

丹沢 鍋割山 1109

By , 2019年11月23日 9:10 AM

最近山に登って無いひと、山スキーのために体を慣らそうと声をかけたら、会のメンバー5人があつまった。10年ぶりに登ったがその頃は鍋割山荘のなべ焼きうどんは話題なってなく、ひとも少なかったが今はなべ焼きうどん目当てで登って来る人が多いようであちらこちらでなべ焼きうどんの写真を撮り、食べているひとで賑わっていた鍋割山でした。(2019/11/10)

賑わいの鍋割山

賑わいの鍋割山



 

 

 

 

秋の乾徳山(大ダオから下山)

By , 2019年11月9日 3:20 PM

乾徳山はカヤトの草原、岩稜帯、富士山の展望など変化に富んだ景色を楽しめるのでよく登りに来ている。歩くルートはいくつか選べ中で徳和~乾徳山~黒金山~大ダオ~徳和渓谷~徳和の周遊ルートが好きで歩いてきた。黒鉄山からは破線ルートになっていて地図、コンパスを使って確認しながら歩く楽しさがある。原生林のなかを進み、沢を渡るなど変化ある山歩きが楽しめた。2019/11/2

 

PB020082

左が乾徳山。尾根伝いで大ダオまで来た。



 

 

 

 

 

 

 

黒鉄山からの富士山

黒鉄山からの富士山



 

 

 

 

 

 

 

 

 

原生林のなかの踏み跡

原生林のなかの踏み跡



 

 

 

 

 

 

 

 

沢沿いは結構きれいでした

沢沿いは結構きれいでした

梅雨の火打山

By , 2019年7月31日 9:28 PM

梅雨の合間を見て火打山に登って来た。私の好きな山スキーエリアは雪の無い時期もきれいなところだ。残雪が残り、緑と白のコントラストの火打山、緑のきれいな湿地の高谷池ときれいな風景が広がっていた。ちょうど花の時期に当たり、高谷池から火打山への登山道は様々な花が咲いて、夏山が始まったことを教えてくれた。曇り空であったが山頂からは佐渡島、能登半島、白馬連山が見え、360度の展望を楽しませてくれた。(2019.7.21)

IMG_1139

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1091

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1110

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1119

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1138

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1084

2019-2-3 のんびりと鍋倉山

By , 2019年2月22日 12:38 AM

今年の奥信濃は積雪十分。
山スキー日和となった週末、関田山脈の主峰・鍋倉山に行ってきた。
今回のメインは写真。のんびり山歩き&山スキーを楽しんできた。

 

名物の濃霧に包まれた飯山盆地を抜け、一路温井集落へ。
除雪終了地点の道沿いには先客がズラリ。ほとんどが出発ずみで、準備しているのは2パーティほど。
すっきり晴れ渡った青空のもとビーコンのスイッチをいれ出発。

田茂木池の横をショートカットすると旧都立大小屋だ。そこからは私有地になるため急斜面を登って県道に出る。


鍋倉山を正面に

鍋倉山を正面に


旧都立大小屋横の崖を登る

旧都立大小屋横の崖を登る

小屋の先は大きくカーブしているが、そのまま沢筋をトラバースした。
スノーシューの単独女性が降りてきた。山頂に行ってきたとのこと。
鍋倉のブナの山はスノーシューもいい。スキーは山登りもできてくだりも楽しめる、やっぱりスキーはもっといい。

20190203-R3201306

小屋の先のトラバース

山頂に続く森太郎覗き尾根とよばれる尾根にとりついた。途中の森太郎も楽しみだ。
細尾根をつめるとブナ林の中斜面になった。
単独のスキーヤーが滑ってきた。
一旦止まると、
「キツーーーー!」
奇声をあげている。
「重たいですかあ?」
「どうにもならん、ストップ雪」
そういえば自分、登りで大汗かいてハードシェルを脱いでいた。この陽気で雪が相当腐っているようだ。
「山頂直下はいい雪だったよ。楽しみにして登って」
そう言って
「キツーーーー!」
と叫びながら降りていった。

20190203-R3201320

下の方はバカ雪

尾根の登りは続いた。
この尾根の右側には随所にオープンバーンがある。
4人のパーティが楽しそうに滑っていった。
帰りの楽しみだ。
向こうには関田山脈が青空のもと続いていた。

20190203-R3201323

滑降


20190203-R3201330

滑降


20190203-R3201315

青空に続く関田山脈

 

立派なブナが目立ってきた。巨木の谷を左に尾根を登った。

大きなブナ

大きなブナ


冬の陽を浴びるブナ

冬の陽を浴びるブナ

向こう側の斜面の下の方にひときわ大きなブナが見えた。森太郎だ。
去年残雪期に見にきたが、今回は幹の大部分が雪に埋もれていて巨木感は乏しかったが、その存在感はやはり鍋倉の主である。
残念ながら枝の広がりは少なく、そろそろ天寿を迎えるのかもしれない。
ここまで数百年、鍋倉を見守り、開発から守ってくれた神の木。
いつまでも生きていてほしいものだ。

森太郎

森太郎 やはりひときわ目立つ


巨木の谷

巨木の谷


影を伸ばす森太郎

影を伸ばす森太郎

森太郎を見届けさらに登っていくと、緩やかな美林帯に出る。
見事なブナが一定間隔に立っている美しいところだ。
ここのツリーランは鍋倉の代名詞だ。
先行者を被写体に構図を試行錯誤した。

美林を行く

ブナの美林を行く

振り向くと絶景の山々が。

越後山脈がくっきり

越後山脈がくっきり


越後三山をバックにブナ林を登るスキーヤー

越後三山をバックにブナ林を登るスキーヤー

そして鍋倉山頂。
頂きでは数目に先客達が休憩していた。
ドローンを飛ばしている人も。
そして正面には、妙高、火打を従えた頸城山塊がドーンと鎮座。
振り返ると野沢の毛無山、苗場山、越後三山。
高社山と飯山盆地の白い田園。
黒倉山の先には日本海までもが見渡せた。360度なかなかの絶景だ。

鍋倉山山頂

鍋倉山山頂

20190203-R3201465

絶景の頸城山塊

絶景の頸城山塊 左から黒姫、高妻、妙高、火打


信越トレイルもすっきり見える

信越トレイル


高社山と飯山盆地

高社山と飯山盆地


日本海も見える

日本海も見える


たまには記念撮影

たまには記念撮影

しばしの休憩後、滑走開始。
登ってきた斜面は結構なシュプールが入っていたため、右のノートラック斜面をトラバース気味に左へ回り込んだ。
巨木の谷の上部を横断して登ってきた尾根へ。
森太郎の懐まで行くことも考えたが、曇り空になってきたため青空バックの森太郎はあきらめた。
巨木の谷の反対側のオープンバーンを物色することに。
ノートラック斜面を見定めてドロップイン。
シャーベット状だったが適度に楽しい。小回りターンを刻んだ。
斜面がなくなるころ横にトラバース。
さらに隣のオープンバーンが出てくる。高速大回りターンで一気に駆け抜けた。
爽快!のひとこと。

鍋倉山の魅力は、穏やかな山容となんといってもブナの森の美しさだろう。
今回も鍋倉の優しい懐に包まれながら贅沢な時間を過ごすことができた。

2019-2-2日光雲竜渓谷雪道トレック

By , 2019年2月8日 6:17 PM

2019-2-2(土)F会員の企画で、日光雲竜渓谷に巨大な氷柱見物に。
ネット情報を頼りに計画したそうで、自分もネットでルートを調べて、出かけました。
東武日光線の特急で、8:22日光駅着、改札は、ガイドツアーやらでごった返ししていた。
事前に予約しておいたタクシーで滝尾神社まで。(途中タイヤが滑ってました)
長い林道歩きで、ゲートへ、さらにまた林道を歩いて、洞門岩というところで、アイゼンを着けます(前爪タイプ)
ここから沢渡渉、急な尾根のアップダウンを繰り返して、渓谷入口へ到着。(渓谷が一望でき、氷柱も見える)
ここから渓谷を歩き、両側の氷柱を眺めながら、最後が急で滑落しそうな尾根のアップダウンで、雲竜爆(滝)着。
アイスクライマーが氷にとりついていました。
見物しながら一休憩して、もとの渓谷入口に戻り、そのあとは安全に林道で戻りました。
ゲートで客待ちしてたタクシーに乗れて、楽に日光駅に戻れました。
雲竜爆

2018-11-10景信山もちつき会

By , 2018年11月11日 9:27 PM

もちつき1もちつき2もちつき3

2018-11-10(土)会が発足して10周年を記念し、KC委員の尽力で、お揃いのTシャツを作りました。この機会に、M会長の
企画で、高尾の景信山山頂で、もちつき会を開催しました。11名の参加で、Tシャツ着て小仏バス停から汗をかきかき、小仏峠を経て、
山頂に登り、清水茶屋に予約しておいた臼 一升、会長と暫くぶり参加のH氏の見事な返しぶりで、杵つきを全員で交代して、
あっというまに突き上りました。手慣れた会長が、テーブルにサランラップを敷き、小麦粉をまぶした上に、もちをおいて、
みんなで丸め、磯べ巻、安倍川もち、辛みもち、黒豆もち、なので美味しくいただきました。合わせて、S会員が運び上げ調理した、
大根、鶏肉、小松菜、かもぼこ、ウドンスープの素のお吸い物にも舌つづみを打ちました。そんなで、大満足して、下山は
チームに分かれて、それぞれ、お酒の酔いにもかかわらず、ケガなどなく無事に下山しました。以上です。